農業共済事業は、農業災害補償法に基づく国の農業災害対策の基幹対策です。
農業災害補償制度
昭和22年に公布施行された農業災害補償法に基づく制度です。
農家がお互いに資金(共済掛金)を出し合って共同財産をつくり、自然災害や不慮の事故によって 受ける損失を共同準備金から補てんする制度です。
農家の相互扶助を基本とした制度であるとともに国の災害対策として、共済掛金の一部分を国が負担している公的救済制度でもあります。
目  的
農業者が不慮の事故に因って受けることのある損失を補てんして農業経営の安定を図り、農業生産力の発展に資することを目的としています。
特  徴
農家が共済掛金を出し合って共同準備財産をつくっておき、災害があったときは、その共同準備金から被災農家に共済金を支払うと いうものです。 農家の自主的な相互扶助を基本にした制度であるとともに、国の災害対策としての公的救済制度でもあります。
@農業共済組合は、農作物共済、家畜共済事業を行わなければならないことになっています。
A農作物共済においては、一定規模以上の農家は加入しなければならないことになっています。
(当然加入)
B農家が負担する共済掛金のうち、多くの部分を国が負担しています。
C事務費のうち多くの部分を国が負担しています。
D政府は農作物共済、家畜共済、果樹共済、畑作物共済及び園芸施設共済について一定規模以上の災害に対して再保険を行っています。
 農業者の相互組織です。
一定地域の農家が、事業体である農業共済組合を構成しています。農業共済組合の構成員となった農家(組合員)は、議決権や役員または総代の選挙権、 被選挙権を持ち、これにより共済事業の実施運営に参加することになります。
 シンボルマーク
 楕円の形は、作物の種子を表しています。4つの数は、農業を支える4つの要素「緑・土・水・人」を意味し、さらに豊かな実りをもたらす四季を表しています。
並びは、日本列島とNOSAIの頭文字[N]を表しています。
 ロゴ
 NOSAIの規定書体です。
 「ノーサイ」と発音して下さい。
皆様からより親しみをもってお呼びいただくための愛称です。
ちばNOSAI連 千葉県農業共済組合連合会