加入は 大 豆
   5a以上栽培している農家は加入することができます。
蚕 繭 
   春蚕繭、初秋蚕繭、晩秋蚕繭の各蚕繭ごとの蚕種掃立量が0.5箱以上の農家は、加入することができます。
対象となる事故は 大 豆
風水害、干害、冷害、地震、噴火などの気象上の原因による全ての災害、火災、病虫害及び鳥獣害です。
蚕 繭 
蚕児は、風水害、地震又は噴火による災害、病虫害、火災及び鳥獣害です。
桑葉は、風水害、干害、凍害、ひょう害、雪害、地震又は噴火による災害その他の気象上の原因による災害、火災、病虫害及び獣害です。
補償される期間は  大 豆 
発芽期(移植期)から収穫(通常の圃場乾燥期間中のもの)までに発生した被害が共済金支払いの対象になります。
蚕 繭 
  桑の発芽期から収繭までに発生した被害が共済金支払いの対象になります。
補償内容は 補償内容は下表のとおりです。
大豆の加入方式は、加入時にいずれかを選択します。
共済目的 加入方式 支払開始損害割合 内  容
大豆 一筆単位方式 3割 耕地一筆ごとに、基準収穫量(注1-1)の3割を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
半相殺農家単位方式 2割 組合員ごとに、被害耕地の減収量の合計が、その組合員の基準収穫量の2割を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
全相殺農家単位方式 1割 組合員ごとに、全耕地の収穫量の合計が、その組合員の基準収穫量(耕地ごとの基準収穫量の合計)(注1-2)を下回り、その割合が1割(基準収穫量の9割を補償)を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
なお、加入にあたっては、原則過去5年間の農業協同組合等におおむね全量出荷した資料(収穫量及び作付面積など)が必要です。
蚕繭 全相殺農家単位方式 2割 組合員ごと蚕期ごとに、収繭量を業者等の出荷伝票などで把握し、減収量(その組合員の基準収繭量から収繭量を差し引いた数量)がその組合員の基準収繭量の2割を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
※ 基準収繭量は、その年の天候が平年並みに推移し、肥培・飼育管理なども普通一般並みに行われたとしたときに得られる収繭量のことで、いわゆる平年の収繭量のことです。
注1-1. 一筆単位・半相殺農家単位方式の基準収穫量は、その年の天候を平年並みとして、肥培管理なども普通一般並みに行われたときに期待し得る収量のことで、いわゆる平年の収穫量のことです。
注1-2. 全相殺農家単位方式の基準収穫量は、農家ごとに原則として過去5年間の出荷実績をもとに5年間の10a当たりの収穫量の平均値に耕地ごとの作付面積を乗じた値の合計になります。
共済金額は 大 豆
共済金額は、共済目的に被害が生じたときに支払われる共済金の最高額で、次のとおり算出されます。
1.一筆単位方式の場合
共済金額=基準収穫量×(1−支払開始損害割合)×1kg当たり共済金額
                  ↓
                引受収量
  基準収穫量=10a当たり基準収穫量(基準単収)×加入面積
※10a当たり基準収穫量は、土地条件などに応じて、耕地ごとに定められている10a当たりの収穫量です。
※引受収量は、共済に付している(補償される)量です。
※1s当たり共済金額は、生産者価格に相当する額を限度として、毎年農林水産大臣が定めます。
※共済金額は、耕地ごとに算出します。
2.半相殺農家単位方式の場合
共済金額=引受収量×1kg当たり共済金額
引受収量=耕地ごとの基準収穫量の合計×(1−支払開始損害割合)
※共済金額は組合員ごとに算出します。
3.全相殺農家単位方式の場合
共済金額=引受収量×1kg当たり共済金額
引受収量=耕地ごとの基準収穫量の合計×(1−支払開始損害割合)
耕地ごとの基準収穫量=基準単収×耕地ごとの加入面積
※基準単収は、過去の出荷実績をもとに農家ごとに定める10a当たりの収穫量です。
※共済金額は、組合員ごとに算出します。
蚕 繭 
共済金額は、共済目的に被害が生じたときに支払われる共済金の最高額で、次のとおりに算出されます。
共済金額=基準収繭量×(1−支払開始損害割合)×1Kg当たり共済金額
基準収繭量=1箱当たり基準収繭量×加入箱数
※1箱当たり基準収繭量は、過去の出荷実績などにより定められた1箱当たりの収繭量です。
※1Kg当たり共済金額は、生産者価格に相当する額を限度として、毎年農林水産大臣が定めます。
共済掛金は 大 豆 
  共済掛金は、共済金額×共済掛金率で算出されます。
なお、共済掛金のうち、55%を国が負担しています。
※ 共済掛金率は、過去20年間の被害率に基づいて農林水産大臣が品目ごとに、引受方式等ごと及び組合ごとに定め、原則として3年ごとに改定されます。
蚕 繭 
  共済掛金は、共済金額×共済掛金率で算出されます。
なお、共済掛金のうち、50%を国が負担しています。
共済金の支払は 大 豆 
  1.一筆単位方式の場合、一筆ごとに次のとおり算出されます。
 支払共済金=共済減収量×1s当たり共済金額
 共済減収量=基準収穫量−実収穫量−(基準収穫量×支払開始損害割合)
2.半相殺農家単位方式の場合、組合員ごとに次のとおり算出されます。
 支払共済金=共済減収量×1s当たり共済金額
 共済減収量=(被害耕地に係る減収量の合計)
                 −(基準収穫量×支払開始損害割合)
 被害耕地に係る減収量の合計
     =被害耕地に係る基準収穫量の合計−被害耕地に係る収穫量の合計
3.全相殺農家単位方式の場合、組合員ごとに次のとおり算出されます。
 支払共済金=共済減収量×1s当たり共済金額
 共済減収量=(耕地ごとの基準収穫量の合計−耕地ごとの実収穫量の合計)
             −(耕地ごとの基準収穫量の合計×支払開始損害割合)
  蚕 繭 
組合員ごと蚕期ごとに次のとおり算出されます。
支払共済金=共済減収量×1kg当たり共済金額
共済減収量=(基準収繭量−実収繭量)−(基準収繭量×支払開始損害割合2割)
ちばNOSAI連 千葉県農業共済組合連合会