加入は 収穫共済
 なし、うんしゅうみかんを栽培している農家で、栽培面積が下表の類区分ごとに5a以上である農家は加入できます。ただし、特定危険方式は、なしを栽培している農家で栽培面積が20a以上であることが必要です。
樹体共済
 なし又はうんしゅうみかんを栽培している農家で、共済目的ごとに栽培面積が5a以上である農家は加入できます。
○加入できる品種及び類区分は下表のとおりです。
 千葉県の指定対象品種 なし
類区分 細区分 指 定 品 種
1類
(早生品種)
- 幸水、新水、早玉、愛甘水、喜水、長寿、君塚早生、八君、多摩、雲井、石井早生、八雲、筑水、八里、若光、清澄、八幸、早生廿世紀、新世紀、その他品種
2類
(中生品種)
- 豊水、廿世紀、なつひかり、翠星、稲城、秀玉、ゴールド廿世紀、長十郎、菊水、新星、あきづき、平塚16号(かおり)、その他品種
3類
(晩成品種)
1群 新高、その他品種
2群 豊月、新興、愛宕、晩三吉、新雪、早生赤
千葉県の指定対象品種 うんしゅうみかん
類区分 細区分 指 定 品 種
1類 早生うんしゅうみかん
2類 普通うんしゅうみかん
対象となる事故は 収穫共済
減収総合一般方式・減収総合短縮方式
・干害、寒害、雪害、風水害、雹害をはじめとする自然災害の他、病虫害、鳥獣害などです。
特定危険方式(暴風雨、雹害方式)
・雹害、暴風雨(最大風速13.9m/sまたは、最大瞬間風速20.0m/s以上)に限るものです。
特定危険方式(暴風雨、雹害、凍霜害方式)
・凍霜害、雹害、暴風雨(最大風速13.9m/sまたは、最大瞬間風速20.0m/s以上)に限るものです。
樹体共済
上記の減収総合一般方式・減収総合短縮方式に掲げる災害によって生じた枯死、流失、滅失、埋没、損傷です。
補償される期間は なし
 収穫共済:発芽期から収穫終了まで
 樹体共済:6月1日より1年間
うんしゅうみかん
 収穫共済:春枝の伸長停止期から翌年の果実の収穫期まで
 樹体共済:8月1日より1年間
補償内容は 収穫共済
共済目的 加入方式 支払開始
損害割合
内 容
なし 半相殺 減収総合短縮方式 7割補償  組合員ごと、類区分ごとに、基準収穫量の3割を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
特定危険方式
(暴風雨、雹害方式)
8割補償  組合員ごと、類区分ごとに、基準収穫量の2割を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
特定危険方式
(暴風雨、雹害、凍霜害方式)
8割補償  組合員ごと、類区分ごとに、基準収穫量の2割を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
樹園地 減収総合短縮方式 6割補償 被害樹園地ごと、類区分ごとに、基準収穫量の4割を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
特定危険方式
(暴風雨、雹害方式)
7割補償 被害樹園地ごと、類区分ごとに、基準収穫量の3割を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
特定危険方式
(暴風雨、雹害、凍霜害方式)
7割補償 被害樹園地ごと、類区分ごとに、基準収穫量の3割を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
うんしゅうみかん 半相殺 減収総合一般方式 7割補償  組合員ごと、類区分ごとに、基準収穫量の3割を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
樹体共済
共済目的 内 容
なし  組合員ごとに、損害額が、10万円または共済価額の1割を超える損害を受けたときに、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
うんしゅうみかん
・基準収穫量とは、平年収量を基礎として園地毎に定めた収穫量のことです。
・共済価額とは加入時の樹体の標準的な価額を定めたものです。
共済掛金は 共済掛金は、共済金額×掛金率で計算します。
※共済掛金は、国と農家で負担しますが、国が5割を負担します。
※防災ネット設置の園地は、ネットの種類に応じ掛金の割引制度があります。
(多目的防災網設置園では、短縮方式で40%、特定減収暴風雨・ひょう害・凍霜害は65%、特定減収暴風雨・ひょう害方式は80%の割引となります。)
共済金の支払は  半相殺減収総合短縮方式の場合は、農家ごと、類区分ごとに、果実の減収が基準収穫量の3割を超えた場合に支払対象となります。
損害割合 40% 60% 80% 100%
支払割合 14% 43% 71% 100%
支払共済金 73,500円 225,750円 372,750円 525,000円
共済金額×支払割合で算出します。
ちばNOSAI連 千葉県農業共済組合連合会