加入は 水稲、陸稲及び麦の耕作面積の合計が10a以上の農家は,加入することができます。
水稲を25アール以上耕作している農家は、当然加入となります。
対象となる事故は 風水害、干害、冷害、地震、噴火など気象上の原因による災害、いもち病、ウンカなどによる病虫害、火災及び鳥獣害です。
補償される期間は 水稲は、本田移植期から収穫(通常の圃場乾燥期間中のもの)までで、陸稲及び麦は、発芽期から収穫までです。
補償内容は 補償内容は、共済目的ごとに下記の表のとおりです。
なお、水稲及び麦は、加入時に1つの加入方式及び1つの共済金支払開始損害割合(補償割合)を選択します。
共済目的 加入方式 支払開始損害割合 内  容
水稲 一筆単位方式 3割,4割,5割  耕地一筆ごとに、基準収穫量(注1−1)に選択した支払開始損害割合を乗じた収量を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
半相殺農家単位方式 2割,3割,4割  組合員ごとに、被害耕地の減収量の合計が、その組合員の基準収穫量に選択した支払開始損害割合を乗じた収量を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
全相殺農家単位方式 1割,2割,3割  組合員ごとに、全耕地の収穫量の合計が、その組合員の基準収穫量(耕地ごとの基準収穫量の合計)(注1−2)を下回り、その減収量が基準収穫量に選択した支払開始損害割合を乗じた収量を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。なお、加入にあたっては、原則過去5年間の農業協同組合等におおむね全量出荷した資料(収穫量及び作付面積など)が必要です。
(品質方式) 補償割合
7割,8割,9割
 組合員ごとに、品質を加味した収穫量(注2)が基準収穫量(注1−2)を下回り、かつ生産金額が基準生産金額(注3)に補償割合を乗じた額を下回った場合に、その下回った部分を契約補償額に応じて(注4)共済金を支払います。
 なお、加入にあたっては、原則過去5年間の農業協同組合等に全量出荷した資料(収穫量及び生産金額など)が必要です。
陸稲 一筆単位方式 3割  耕地一筆ごとに、基準収穫量の3割(基準収穫量の7割を補償)を超える減収があった場合に、その超えた部分に相当する共済金を支払います。
一筆単位方式 3割,4割,5割 水稲の場合と同様です。
半相殺農家単位方式 2割,3割,4割 水稲の場合と同様です。
全相殺 農家単位方式 1割,2割,3割 水稲の場合と同様です
災害収入共済方式 補償割合
7割,8割,9割
水稲の「品質方式」の場合と同様です。
注1-1. 一筆単位・半相殺農家単位方式の基準収穫量は、その年の天候を平年並みとして、肥培管理なども普通一般並みに行われたときに期待し得る 収量のことで、いわゆる平年の収穫量のことです。
注1-2. 全相殺農家単位方式の基準収穫量は、農家ごとに原則として過去5年間の出荷実績をもとに5年間の10a当たりの収穫量の平均値に耕地ごとの 作付面積を乗じた値の合計になります。
注1-3. 水稲の品質方式および麦の災害収入共済方式の基準収穫量は、災害により減収があったかどうかの判定を行うために設定しておくもので、次のと おり算出します。
・基準収穫量=銘柄ごとの等級別、規格別10a当たり基準収穫量の合計×加入面積
・銘柄ごとの等級別、規格別10a当たり基準収穫量=組合員の過去5年間の出荷実績により算定する平均10a当たり収穫量×等級別、規格別平均発生割合×価格に応じて算出す る品質指数
・品質指数は、銘柄および等級(麦は銘柄および等級別、規格別)の価格は毎年変わることから毎年設定し、次のとおり算出します。
品質指数=銘柄および等級別、規格別の契約価格÷1s当たり共済金額の最高額
1s当たり共済金額の最高額は、後記「共済金額(契約補償額)は」の1.の※3を参照してください。
・銘柄別および等級別、規格別価格
 水稲は前々年産の政府買入価格および米価格センター指標価格から算定した銘柄および等級別に農林水産省経営局長が定めます。
 麦は、水田経営所得安定対策対象者と対象外者とでは異なります。
 対象者=民間流通麦の落札の銘柄別規格別指標価格+毎年の生産量品質に基づく交付金のキログラム当たりの単価
対象外者=民間流通麦の落札の銘柄別規格別指標価格
注2. 品質を加味した収穫量は、収穫した品質の程度に応じて農林水産大臣が定める方法により一定の調整(品質指数)を加えた収穫量のことです。
注3. 基準生産金額は、過去一定年間の生産金額の平均で、その算出方法については後記「共済金額(契約補償額)は」の3.の※2を参照してください。
注4. 契約補償額に応じては、後記「共済金の支払は」の4.を参照してください。
共済金額は 共済金額は、共済目的に被害が生じたときに支払われる共済金の最高額で、次のとおり算出されます。

1.一筆単位方式及び半相殺農家単位方式の場合
・共済金額=基準収穫量×(1−支払開始損害割合)×1kg当たり共済金額
                   ↓
                 引受収量
・基準収穫量=10a当たり基準収穫量(基準単収)×耕地ごとの面積
※1.10a当たり基準収穫量は、地力等級などに応じて、耕地ごとに定められている10a当たりの収穫量です。
※2.引受収量は、共済に付している(補償される)量です。半相殺農家単位方式では、耕地ごとに算出した基準収穫量の全耕地の合計に(1−支払開始損害割合)を乗じて農家ごとに算出します。
※3.1s当たり共済金額は、米穀類区分別政府買入価格、麦の入札指標価格を基準として、毎年水稲、陸稲、麦ごとに農林水産大臣が定めます。
2.全相殺農家単位方式の場合
共済金額=基準単収×加入面積×(1−支払開始損害割合)×1s当たり共済金額
※1.基準単収は、過去の出荷実績をもとに農家ごとに定める10a当たりの収穫量です。
※2.共済金額は、耕地ごとに算出し全耕地の合計となります。
3.麦の災害収入共済方式の場合
 共済金額は、共済限度額から基準生産金額×0.4の範囲内で、組合員が選択した金額です。
※1.共済限度額=基準生産金額×(1−支払開始損害割合)
※2.基準生産金額は、過去一定年間の出荷資料をもとに算出して得られる平年的な生産金額(販売収入額)で、銘柄の規格ごとに計算し、合計したものです。
共済掛金は 共済掛金は、共済金額×共済掛金率で算出されます。
なお、共済掛金のうち、ほぼ2分の1相当額を国が負担しています。
※共済掛金率は、過去20年間の被害率に基づいて農林水産大臣が共済目的ごとに、引受方式等ごと及び組合ごとに定め、原則として3年ごとに改定されます。
共済金の支払は 1.一筆単位方式の場合、一筆ごとに次のとおり算出されます。
 支払共済金=共済減収量×1kg当たり共済金額
 共済減収量={(基準単収−見込み10a当たり収穫量)
           −(基準単収×支払開始損害割合)}×加入面積
2.半相殺農家単位方式の場合、組合員ごとに次のとおり算出されます。
 支払共済金=共済減収量×1kg当たり共済金額
 共済減収量=( 被害耕地に係る減収量の合計)
                 −( 基準収穫量×支払開始損害割合)
 被害耕地に係る減収量の合計
    =被害耕地に係る基準収穫量の合計−被害耕地に係る収穫量の合計
3.全相殺農家単位方式の場合、組合員ごとに次のとおり算出されます。
 支払共済金=共済減収量×1s当たり共済金額
 共済減収量=(耕地ごとの基準収穫量の合計−耕地ごとの実収穫量の合計)
    −(耕地ごとの基準収穫量の合計×支払開始損害割合
※実収穫量は、集荷業者等からの客観資料により求めます。
 なお、出荷しない耕地については、検見または実測調査により見積もります
4.麦の災害収入共済方式の場合、組合員ごとに次のとおり算出されます。
 支払共済金=(共済限度額−生産金額)×共済金額/共済限度額 
                                   ↓
                              契約補償額に応じて
なお、麦の災害収入共済方式は、実収穫量に品質指数を乗じた収穫量が基準収穫量に達していない【基準収穫量>{(規格別実収穫量×品質指数)の合計}】ことが、共済金支払いの要件となります
※生産金額は、加入時に設定した規格ごとの1s当たり基準生産金額(契約価格)に規格ごとの集荷量を乗じて算出します。
災害がない場合は 災害がなかったり、少なかった場合の共済掛金は
@将来の災害に備えて積み立てられます。
A無事戻金の財源になります。
B災害を未然に防ぐための損害防止事業の費用にあてられます。
ちばNOSAI連 千葉県農業共済組合連合会